Rittoのブログ

カテゴリ:ワイン( 3 )




おすすめ癒し系の赤ワイン!

こんにちわ。
先日まで風邪引きで完全にダウンしてました魚見です。
ようやくビールが美味しく感じれるようになって来ました(笑)

季節の変わり目、みなさんお元気ですか??


さて、本日ご紹介するのは、

モンロス バルベラ・ダスティ/フォルテト・デッラ・ルーヤ

ピエモンテの赤ワインです。
(ボトル 4500円/ グラス 900円)

e0199165_9525274.jpg

--------------------------------------------------------------
(以下、インポーター資料より抜粋)

Foteto della Luja(フォルテト・デッラ・ルーヤ)は、
ピエモンテの南部に位置するロアッツォーロという小さな村のはずれの山の上にあります。

モンフェッラートとアスティを一望できる山の周りは森と自然に囲まれており、
さらに遠くを見渡すと、雪で覆われた山脈が見渡せます。

この2重にも3重にも山や森で護られたカンティーナは、
ワイナリーとして世界でただ一つのWWF Oasisに認定されています。

Forteto=Forest(森), Luja=goat(ピエモンテ方言で”ヤギ”)ということで、
この辺りではヤギのミルクからのチーズづくりが 盛んだったので、この名前がつけられたようです。
--------------------------------------------------------------
という感じの非常に自然豊かな場所で造られております、このワイン。

その味わいは、ひと言で言うなら「チャーミング」で「健康的」。
若々しくて愛らしい、そんなワインです。

香りは、

ラズベリーや野いちごみたいなピュアな赤い果実の香りがまず飛び込んでくる。
次に来るのはバラを思わせる豊かな赤い(あるいは紫の)花の香り。
そして、森の香り。
青っぽい香りや、ちょっと湿った土っぽい、キノコの香りがうっすらと。

味わいは、

溌剌とした果実を口に放り込んだような心地よい果実味。
その後に爽やかな酸味とタンニンが刺激してくる。

脂分が多いお料理と一緒に楽しむと抜群によさそうです。

心地よい酸味と愛らしい果実味が、
じゅんわーりと身体と心に染み入る癒し系ワインです!


Rittoの今のメニューでいうと
自家製サルシッチャ ペペロナータ添え (一本800円)
抜群に相性よさそうです!!!

e0199165_9542840.jpg


だんだんと食欲が減退してくるときだけに
ガッツンとした直球イタリアンで元気取り戻しましょう!!
[PR]



by ritto_marble | 2011-06-10 10:22 | ワイン

じめっとした季節にお勧めのワイン

じめっとしたこの季節、キンキンに冷やしてのみたい白ワインのご紹介。


・Ciapin(チャピン) vino da tavola bianco

造り手は
・Casina Roera(カシーナ ロエラ)

葡萄は、シャルドネとアルネイスをメインに、コルテーゼを少し。


ピエモンテのワインです。

e0199165_9471342.jpg



色合いはうっすらと緑を帯びた、洋梨のような、黄色。

香りは華やかではなく、むしろ穏やか。
温度が上がってくると梨とかメロンぽいニュアンスも感じます。
そして自然派的な、シェリーを思わすような酸化のニュアンスも若干。

適度な酸とバランスのよい果実実が
うっすら汗をかいたこの時期の食欲をそそる・・・


そして、味わい。

特筆すべきは、じつに上品な「旨み」を感じるワインだということ。
飲み込んだ後にじゅわーっと口内に広がる「やさしい旨み」。

派手な味わいではなく、
どちらかといえば、滋味深い、という表現のほうが似合う。

力強い大地を感じるような・・・

鼻から抜けていく余韻も心地よい。


全体から感じる印象は非常に素朴なのですが、
洗練されている、っていうか品のよい、やさしい感じ。

かといって、その芯はしっかりとしていて。


女優に例えるなら
NHK連続テレビ小説に出てる、井上真央みたいな感じでしょうか?
っていうか、八日目の蝉で共演してる永作博美?

最近は吉高由里子も気になります・・・
あ!トリスのハイボールもイイネ!!

(すいません、脱線・・・)


次々と杯を重ねてしまいそうな。

そしてグラスの中で温度が上がってきて、
みせるまた別の表情も魅力的。


丁寧に作られた葡萄であるということ。
愛情と熱意をもった造り手のワインであること。

しっかりそう感じさせてくれるワインです。


今のRittoのメニューでは

・ウサギ肉とプルーンのテッリーナ
  イタリア産カルチョフィのソットアチェート添え

なんて抜群に相性よさそうですねー。

e0199165_9485017.jpg




ちなみに赤も素晴らしいです。
Cardin selezione
冬の肉(特に四足。例えば鹿肉とか。)とは非常に相性よいです。
[PR]



by ritto_marble | 2011-06-03 10:29 | ワイン

カルミニャーノ/バッケレート

今回ご紹介するのは・・・

DOCGカルミニャーノ テッレ・ア・マノ/ファットリア・ディ・バッケレート

サンジョヴェーゼ75%、カナイオーロ10%、カベルネ・ソーヴィニヨン15%のブレンド

伝統的なセメントタンクによる発酵、温度管理はせずに、天然酵母のみ。
アリエ産オークのトノー(350リットル)で18か月熟成。


以下、葡萄酒蔵ゆはらさんのHPを参照させていただきますと・・・
http://www.rakuten.co.jp/yuhara/454862/462957/1968088/

(略)

この『バッケレート』というカンティーナは、カンティーナと呼んで良いものかためらわれるような成り立ちの物。

なんと所有する土地の面積はなんと150ヘクタールにも及ぶ非常に広大な物!!

しかし、そのうちにブドウ畑はたったの8ヘクタール。
その他にオリーヴの畑が60ヘクタール、残り約90ヘクタールはなんと昔ながらの手つかずの森林なのだそうです。


カルミニャーノの街から西に3km、プラートにあるモンタルバーノの丘にあるこのファットリア・ディ・バッケレートの畑、1920年に現オーナーのベンチーニ家が購入。

現在の当主ロセッラ・ベンチーニ氏はニコラ・ジョリー氏に強い影響を受け、ビオディナミを実践しています。


醸造過程における人為的な介入を排し、SO2無添加での醸造を行うなど無理のないワイン造りを行っています。

(略)

しっかりと熟した葡萄だからこそ出来上がる、ワインとしての芯の太さ。

タンニンはしっかりとしているがその飲み口は意外なほどに優しく、
エレガントに広がる余韻・・・


そういえば、去年のテラヴェールさん(このワインの輸入業者さん)の試飲会に
バッケレートの奥さんが来られてました。

イタリアの女性らしい、ハキハキととした快活さと
農民であることを主張するごつごつした手が印象的でした。

このワイン。

まさに、優しさと強さを持った女性そのもののような感じもします。

秋の夜長に、ゆっくりと楽しむにはぴったりのワインのご紹介でした。e0199165_1593453.jpg
[PR]



by ritto_marble | 2010-10-09 15:09 | ワイン

大阪・東心斎橋に在るイタリアン、リット・マーブル・トレのブログです!  営業時間:ランチ12:00~14:30L.O 、ディナー18:00~22:00L.O ☆☆ 火曜定休 ☆☆TEL:06-4704-5678
by ritto_marble
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

最新の記事

3/10 ,3/11 臨時休..
at 2012-03-07 16:37
冬季休業のお知らせ
at 2012-01-10 11:59
11/20 ディナータイム ..
at 2011-11-19 09:59
阪神百貨店催事「イタリア市場..
at 2011-09-28 09:06
-
at 2011-09-19 12:39

ファン

ブログジャンル

画像一覧